Football Manager 2022が遂に公表されました。世界中のサッカーファンに、世界最高のサッカー管理シミュレーター最新版をご覧いただけます。

本日は、Football Manager 2022注目の移籍リストをお届けします。今回の移籍リストは、初期状態で試合を読み込んだ際に自由契約選手だけを取り上げます。一押しの移籍リスト該当選手を過去の功績と共にご紹介します。

ヨーロッパ5大リーグであるプレミアリーグ、リーグ1、ブンデスリーガ、セリエA、ラ・リーガについて、それぞれ大規模なデータベースを構築しました。他にも、より大規模なデータベースを読み込めば、選手一覧が利用できるようになります。

フォーメーションの面では、4-2-3-1で2名のセンターミッドフィールダー、攻撃的ミッドフィールダー、両側に2名のアドバンストウインガー、そしてローンストライカーを配置します。ゴールキーパーは、防御して幅を広げるサイドバックを含むフラットな4バックで保護されます。

ご覧のように、ほとんどの選手は 「ベテラン選手」 ですが、あらゆるレベルで活躍できるだけの実績を持っているか、予算が厳しいチーム対して素晴らしい助け舟となります。

ミゲル・エンジェル・モヤ(GK)

モヤ選手は2000年代半ばから後半にマヨルカで名を成し、2009年にバレンシアに移籍しました。ロス・ムルシエラゴスの3年間は思ったような結果が残せずにいましたが、契約期間終了後、ゲタフェに移籍しました。ゴールキーパーとして非常に好調で、2014年の夏にアトレティコ・マドリードと契約を結び、2018年にレアル・ソシエダへ移籍するまで36回にもわたり、同リーグでプレーしました。スペイン代表をシニアレベルで務めたことは一度もありませんが、2000〜2006年にはU 16からU 21まであらゆる年齢層でプレーしました。ご覧の通り、37歳になってもなお、いくつかのクラブで先制点を決めており、他のクラブでは素晴らしいナンバー2となるはずです。

Football Manager 2022: 注目の移籍リスト

ダニエウ・アウヴェス(RB)

ダニエウ・アウヴェス選手は、移籍リストにおける最年長選手でありながら、中でも素晴らしい実績を持っており、健康状態が優れていることからヨーロッパのトップチームに抜擢されるのにふさわしい選手です。バルセロナでの活躍は誰もが知ることろですが、以降はユベントスで1シーズン、PSGで2年間、2019年に母国ブラジルに帰国してサンパウロでプレーした後、2021年に契約が終了しました。2006年以降、サッカー界から引退することなく、これまでに119キャップを獲得し、8ゴールを決めています。

Yury Zhirkov (LB)

ユーリー・ジルコフ選手はレフトウィンガーからレフトバックに転身した経験豊富で質の高いプレーが特徴的な選手です。ジルコフ選手の能力の高さは、ユーロ2020でロシアの開幕戦で先制点を入れたことで証明されていますが、怪我に見舞われて残りのトーナメントでプレーすることができませんでした。2000年初頭にスパルタク・タンボフで最初に注目を集め、すぐにCSKAモスクワと契約しました。100試合以上に出場した後、2009年にプレミアリーグの競合チームであるチェルシーに移籍し、ロンドンで2年間プレーした後、ロシアに帰国してアンジー、ディナモ・モスクワ、ゼニットと共に活躍しました。

シドネイ(CB)

シドネイ選手は、母国ブラジルで活躍した後、2008年にベンフィカと契約しました。6フィート1インチのディフェンダーは、トルコのベシクタスとスペインのエスパニョールとデポルティーボ・ラ・コルナでレンタル期間中にプレーし、2016年にロスブランキアズールに移籍しました。レアル・ベティスは2018年に加入し、ラ・リーガで通算49回プレーし、二回得点を挙げ、2021年に契約終了となりました。

Football Manager 2022: 注目の移籍リスト

メテオ・ムサッチオ (CB)

マテオ・ムサッチオ選手は、センターバックに必要な資質をすべて備えたアルゼンチン代表選手です。ムサッチオ選手はヴィラリアルで一躍有名になり、今でもチームの象徴と見なされています。2017年にはACミランと契約し、ラツィオと契約するまで4年間在籍しましたが、契約終了までに出場した試合はたったの4試合でした。

ナイジェル・デ・ヨング(CM)

ナイジェル・デ・ヨング選手は、最近のサッカー選手としては専門的プレーを特徴としているようですが、それでも、活躍したミッドフィールダーに求められる功績を持っています。35歳の彼は、2018年にマインツを離籍して以来、ヨーロッパでプレーしたことはなく、中東でアルアハリとアルシャハニアでプレーしました。デ・ヨング選手は強豪選手として知られていることは、オンランだ代表として挙げた81キャップが示す通り、実力により裏付けられています。

パウリーニョ (CM)

パウリーニョ選手は、多くのブラジル人選手と同じように、れっきとしたサッカーリーグでプレーするよりも金銭的な待遇の良さを選んで2010年半ばに中国のサッカーチームに移籍しました。その後20年間はバルセロナでプレーし、広州恒大に移籍し、再び中国に活動拠点を移しました。2021年、契約終了前に、アルアハリで4試合をプレーし、2ゴールを決めました。もし中国サッカーリーグが完全に崩壊せず、パウリーニョ選手のような選手たちに破格の待遇を支払う資金力があれば、今でも中国でプレーしていたことは間違いありません。それでも、依然としてまだまだ活躍が期待できる、攻撃だけでなく守備もできる万能MFです。

ハテム・ベン・アルファ(AMC)

今季移籍リストでは評価は最下位ですが、ハテム・ベン・アルファ選手は、リーグ1とラ・リーガでこれまで6年間、これまで取り上げたどの選手よりも質の高いサッカーをプレーしています。イングランドでは、ニューカッスルでの活躍ぶりからハテム・ベン・アルファを思い出しますが、ニューカッスル・ユナイテッド移籍後、フランス出身のハテム選手はニース、PSG、レンヌ、バリャドリッド、ボルドーでプレーしており、攻撃力と得点力を兼ね備えた活躍ぶりが期待されます。

ケヴィン・ミララス(AML)

エヴァートンのサポーターとして、ケヴィン・ミララス選手が2019年にトフィーズに移籍して以来、最近の動向に関する情報は得られていません。同年、ベルギーのロイヤル・アントワープに移籍し、2020年にトルコのガジアンテップと契約し、トルコのスュペル・リグで28回出場して5ゴールを決めました。ベルギー代表として60キャップ、10ゴールを決めており、多くのポジションでプレーできるため、契約にはもってこいの選手ですが、トップチームでスタメンになる可能性は低いでしょう。

Football Manager 2022: 注目の移籍リスト

ジョバニ・ドス・サントス (AMR)

かつてトッテナムとバルセロナで活躍したスター選手は、マヨルカとビジャレアルで華々しくプレーした後、ロサンゼルス・ギャラクシー移籍のために渡米し、続いてメキシコのサイドクラブ・アメリカに移籍しました。ゴールを決めることは、常にドス・サントス選手の任務であり、32歳となった今でも活躍ぶりが期待されます。怪我が問題視されるかもしれませんが、前線でプレーできることは大きな強みです。

グラツィアーノ・ペッレ(ST)

本格的なサッカーをプレーすることよりも中国でプレーすることを選んだ選手がもう一人、FM22の移籍リストに加わりました。20 キャップと9ゴールの記録を保持する元イタリア代表グラツィアーノ・ペッレ選手は、サウサンプトンとのプレミアリーグの激しい争いで大活躍し、2016年に山東泰山に移籍しました。中国で4年間プレーした後、ペッレは故郷であるイタリアのパルマブットに移籍して14試合で二回得点を挙げてチームを去りました。ターゲット・マンとして、ペッレは優れた活躍ぶりを残しており、ヘディングとフィニッシュの能力を十分に保持していますが、一流チームのスタメンに抜擢されること可能性は低いでしょう。

サッカー